AppleMusicとSpotify【比較】あなたに合うのはどっち?

AppleMusicとSpotifyの比較

AppleMusicとSpotifyの違いを知りたい

それぞれのメリットやデメリットってなに?

曲数や料金に違いはあるの?

この記事は、AppleMusicSpotifyの2つの音楽サービスを料金や曲数など基本的なところから、使いやすさやそれぞれの強みなど実際に使ってわかったところを比較していきます!

これを読むことでお互いに比較した結果、自分にはどちらが合っているのかがわかります。

スポンサーリンク

AppleMusicとSpotify 比較

Apple MusicとSpotifyの両者を比べるために、比較対象を7つ決めました

・料金
・利用者数
・曲数
・音楽の傾向
・操作画面
・強みと弱み
・あなたがどちらに向いているのか?

以上の7つから実際に使ってみてわかったことを比較していきます。

AppleMusicは3年Spotifyは2年、実際に使ってみて感じた事や使い方を踏まえて、あなたにどちらのサービスが合っているのかを図や表を用いてわかりやすくご紹介していきます!

AppleMusic Spotify 料金の比較

まず初めに、お互いの料金を比較をしていきます。

料金AppleMusicSpotify
一般月額980円
年間9800円
月額980円
無料版なしあり
家族割月額1480円(6人)月額1480円(6人)
学割月額480円月額480円

お互いの料金プランとその料金を表にまとめたのが、こちらです。

―ここからわかることー

・一般料金で使うには、お互い料金に差はない。

Spotifyには無料版がある。(無料版には制限あり)

・Apple Musicには年間プランがある。

・お互い学割があるが料金は変わらない。

―――――――

ーAppleMusicに向く人ー

追記ーここからー

Spotifyに家族割が追加されましたので、料金だけでApple Musicとの差別化が難しくなりました。

ーここまでー追記

料金の比較から、家族数人で利用しようと考えている人やそれが実行できる人は、料金を分割することができるので、割安で利用できます

そのため、数人で利用する予定や実行できる人におすすめです。

―――――――

ーSpotifyに向く人ー

無料で利用ができる無料版があるので、使うのにハードルが低く、ためらうことなく誰でもお試しで利用ができる。

公式の音楽を無料で楽しめるというメリットがあります。

そのため、音楽にお金をかけたくない人に向いていると言えるでしょう

―――――――

ー料金の比較 まとめー

利用するために支払う料金に差はなく比較の判断がしずらいので、それぞれのサービス内容の強みを活かした利用の仕方が考えられます。

本当にその値段で使う価値があるのか?

どちらを利用するのかを決めるには、もっと中身を知ってからがいいでしょう。

お試しで手っ取り早く利用したいならSpotifyの無料版がおすすめです。

AppleMusic Spotify 利用者数の比較

次に「利用者数」について比較をしていきます。

どのくらいの利用者数がいるかを知ることで、サービスの規模の大きさや人気度がわかってきます

 利用者数 AppleMusic Spotify
人数3600万人

1億4千万人(両プラン)

7000万人(有料版)

 期間 2018/02 時点 2018/01 時点

全世界での両音楽サービスの利用者数を表にまとめました。

Spotify有料版の利用者数が7000万人無料版の利用者数が7000万人全てのユーザーは1億4千万人に達しています。

AppleMusicの総利用者は、3600万人となっています。

ーここからわかることー

圧倒的にSpotifyの利用者数は多い

・有料版の登録だけでも、利用者数に差があるが、AppleMusicは、無料体験の期間を延ばすなどして利用者数が増加。Spotifyに徐々追い付いている傾向がある。

――――――

全世界でのそれぞれの利用者数には差が大きくありますが、Spotifyには無料版があるからです。

有料版だけでの差を見たら大きく離れている差ではないでしょう。

しかし、利用者数だけでは、自分がどちらに向いているかは判断できない。

やはり、サービス面や機能面での比較が重要になってくる。

AppleMusic Spotify 曲数の比較

次は、とても重要な要素である「聴ける音楽の曲数」を比較していきます。

曲数の比較AppleMusicSpotify
曲の数 4500万曲以上 4000万曲以上

収録されている曲数の比較を、まとめました。

これは両社の公式サイトに記載されている音楽数を示しています。

ーここからわかることー

曲数に差は感じられない。

・新曲が常に追加されているので、判断がしづらい。

――――――

曲数は、日に日に両社とも更新されています。

しかし、曲数だけではどちらに向いているのかはわからない

それは「どんな音楽を聴くことができるのか」がわからないからです。

次に一番の重要ポイントである「音楽のジャンルや傾向」を比較していきます。

AppleMusic Spotify 音楽傾向の比較

ここでは詳しいことは省略しますが、「Spotify 音楽のジャンルと傾向を調査」「AppleMusic 音楽のジャンルと傾向を調査」の2つの記事で詳しく解説しています。

それぞれ聴ける音楽強みと弱みがあることがわかっています。

ーAppleMusicに向く人ー

邦楽や洋楽など色々な音楽を幅広く楽しみたい人

ーSpotifyに向く人ー

洋楽を目的として音楽を楽しみたい人

ー音楽傾向の比較 まとめー

それぞれ聴ける音楽に強みと弱みがあることがわかっています。

これを知っているのと知らないのとでは、大きな違いを生み出しててしまうことになります。

Apple Musicは洋楽、邦楽、アニメ系の音楽やアイドル系の音楽など幅広く揃っている印象が強いです。

Spotifyは、日本でのサービスが始まってまだ2~3年しか経っていないことから邦楽には弱く、洋楽が圧倒的に強い印象があります。

ですが、Spotifyは日本のユーザーのために、聴ける日本人歌手の音楽がどんどん増えているのも確かです。

なので、洋楽を聴く人はSpotifyをおすすめしますが、邦楽を聴く人はどちらを使うのか検討する必要があります。

ここで一番伝えたいことは、

確実に聴ける曲を知るためには、それぞれ有料のプランを無料で体験できるサービスがあるので、自分で体験して比較するのが一番手っ取り早く、確実に満足いく選択ができる』ということです。

収録されている曲、アーティストなんていうのは、自分が実際に使ってみないと全てを把握することは難しいです。

私は洋楽しか聴かないので、聴きたい曲がないなんて考えられないし、ストレスなく利用できる為、音楽傾向やジャンルはSpotify派です。

なので、聴きたい曲を確実に知りたいのなら、それぞれを無料体験するのが一番確実です。

この記事の下に体験方法を記載しています。

AppleMusic Spotify 操作画面の比較

どちらの音楽サービスも専用アプリで利用することができます。

この操作画面の比較は、一番利用頻度が高いと思われるスマホでの操作画面を比較していきます。

比較で使う画像は上がAppleMusic下がSpotifyの画像になります。

メインのマイミュージック画面

自分がダウンロードした曲や追加した曲などを探したり、再生するのに使うメインの画面です。

Apple が新しくiSO11をリリースし、ビジュアルも変更!


AppleMusicは白を基調としたデザインです

AppleMusic トップ画面

・プレイリスト、アーティスト、アルバム、曲、ダウンロード済みの5つの項目から曲を探すことができる。

・「ダウンロード済み」とはオフライン再生が可能な曲だけを表示してくれます。後ほど解説

・画面の下には、そのほかの機能と現在再生されている曲の操作バーが表示される。

Spotifyは黒を基調としたデザインです

Spotify トップ画面

画像上の項目から説明していきます。

My Daily Mix」とは、自分が聴いている音楽に合った曲を6つのジャンル別にプレイリストを作成してくれる。いわば自分専用のプレイリストです。

「プレイリスト」とは、自分が作ったプレイリストやSpotifyが作ったプレイリストなどから音楽を聴けます。

ステーション」とは、自分の好きな曲やアーティストを選び、そこから自動的におすすめの曲をラジオ感覚で流せる機能です。

「ソング」とは、自分がダウンロードした曲、お気に入りした曲が見れます。

「アルバム」とは、ダウンロードした曲、お気に入りした曲のアルバムが表示されます。

「アーティスト」とは、ダウンロードした曲、お気に入りした曲のアーティストが表示されます。

ポッドキャスト」とは、ラジオを聴くことができます。

画面の下には、そのほかの機能の選択と現在再生されている曲の操作バーが表示される。

――――――

ーここからわかることー

メインのマイミュージック画面は、色の違い以外に、Spotifyは色んな機能をこの画面からアクセスすることができる。

Apple MusicにもSpotifyでいう「My Daily Mix」という自分専用のプレイリストや「ステーション」といった自動でおすすめ曲を流してくれたり、「ポッドキャスト」のラジオ機能は備わっている。

黒と白でライバル感があっていいですね

曲の選択画面

メインのマイミュージック画面から「曲、ソング」を選択した時の画面です。

AppleMusicはジャケット画像を表示

Apple Music 曲 画面

・曲のジャケット画像付きで五十音順に並んでいる。

・曲の並べ替えができる。

・曲名の雲のマークを押すとダウンロードが始まる。マークがない曲はダウンロード済みということ。

Spotifyはジャケット画像なし

Spotify 曲 画面

・ジャケット画像はなく、曲名とアーティスト名で表示

・画面上部の「フィルター」機能で曲の検索や並べ替えをすることができる。

・曲名の下、アーティスト名の左(画面上の”Stay…”の下、”ゼッド….”の左側)に表示されている緑色の丸に↓のマークは、オフライン再生ができるダウンロード済みの曲のこと。

・「ダウンロード済み」の右にあるボタンをオンにすることでお気に入りした曲全てのダウンロードが可能。オフにするとダウンロードがなくなるから注意。

――――――

ーここからわかることー

・ジャケット画像があるApple MusicとないSpotify

・ダウンロード済みであることは、お互いにわかりやすい。

アルバムの選択画面

メインのマイミュージック画面から「アルバム」を選択した時の画面です。

AppleMusicは大きいサイズのジャケット画像で表示

Apple Music アルバム画面

・ジャケット画像付きで、大きめに表示される。

・並べ替えが可能

Spotifyはジャケット画像付きで小さめに表示

Spotify アルバム画面

・ジャケット画像、アルバム名、アーティストが表示され、縦に見やすく配置されている。

・画面上の「フィルター」機能でアルバムの検索と並べ替えとが可能。

――――――

ーここからわかることー

・どちらもジャケット画像とアーティスト名、アルバム名が表示されていてわかりやすいが、どちらかというと縦に並べられているSpotifyの方が見やすい。

アーティストの選択画面

メインのマイミュージック画面から「アーティスト」を選択した時の画面です。

AppleMusicのアーティスト一覧画面

Apple Music アーティスト画面

・ジャケット画像とアーティスト名の一覧が縦に表示される。

Spotifyのアーティスト一覧画面

Spotify アーティスト画面

・ジャケット画像とアーティスト名の一覧が縦に表示される。

・画面上の「フィルター」機能でアーティストの検索、並べ替えができる。

・そのアーティストの曲を自分が何曲お気に入りしているかわかる。

――――――

ーここからわかることー

・Spotifyは検索や並べ替えができるので目的のアーティストが探しやすい。お気に入りした曲数がわかるのも意外とわかりやすい

AppleMusic 操作画面のいいところ

メインのマイミュージック画面から「ダウンロード済み」を選択すると、オフラインで再生できる曲だけを表示してくれる。

AppleMusic 画面 いいところ

全ての表示にジャケット画像がついている。

Spotify 操作画面のいいところ

・画面上の「フィルター」機能で曲やアーティスト、アルバムを検索できるほか、「ダウンロード済みかどうか」「名前」「最近追加した曲」でソートも可能

ーApple Music / Spotify 操作画面のまとめー

・世界二大音楽サービスなのか、白と黒の対照的な色を基調としたデザイン画面

・AppleMusicはジャケット画像付きで見た目でわかりやすく表示。視覚性がいい

・Spotifyは曲を自分で探したり、見つけたりする機能がある。アクセス性がいい

私はどちらとも使ってみて、AppleMusicの方が操作に関しては良かった印象です

なぜかというと、やはりジャケット画像があるのは視覚的にわかりやすく、デザインもかっこいいので使っていて気分がいいです。なので操作画面はAppleMusic派です。

私は曲名から音楽を探すことが多いので、ジャケット画像がないSpotifyは少し残念に感じてしまいます。

――――――

ここまでご紹介してきましたが、やはり操作性に関しても曲数や音楽傾向と同じことで、操作するのは自分であって他人ではありません。自分が使ってみた結果「使いやすいか使いにくいか」だと思います。

私は少しの助言や解説しかできず、全てを伝えることはできません。自分が使ってみて初めて感じた操作性の良さや自分に合った機能を見つけること一番いい方法だと思っています。

AppleMusic Spotify 強みと弱み

次にお互いの強みと弱みについてまとめていきます。

強みと弱みAppleMusicSpotify
強み

曲に偏りがない

視覚性がいい

無料版

洋楽

操作性がいい

弱み

無料版ない

邦楽

ジャケット画なし

両音楽サービスの強みと弱みを私なりに表にまとめました。

AppleMusicは、曲のジャンルの幅が広いこと、視覚性がいいことが強みです。

逆に弱みは、比較対象のSpotifyにある無料版がないことです。やはり有料でしか使えないとなると使うのに少しためらってしまうことがあります。

Spotifyは、人気度、曲数共に世界トップクラスであるのは強みです。また、そうしたサービスを無料で使えることも大きな強みと言えます。

逆に弱みは、洋楽に強すぎて邦楽の曲数が少ないことです。また操作性はApple Musicよりも使いやすいが、ジャケット画像が一部表示されない点で視覚的に操作しづらい部分があるのがマイナスです。

AppleMusicとSpotify どちらに向いているか

最後に、最終的にあなたがどちらのサービスに向いているのかを解説して終わりたいと思います。

AppleMusicに向く人

・邦楽も洋楽も幅広く音楽を聴きたい人

・視覚的に使いやすい白基調のデザインが気に入った人

Spotifyに向く人

・世界No. 1の人気音楽サービスを無料で利用したい人

・ちゃんとした公式の音楽を無料で聴きたい人

・洋楽を聴く人

・音楽をよく探す人

このようにまとめさせていただきました。

Apple Musicは、洋楽も聴くし邦楽も聴くという人にはとてもいいサービスだと思います。

Spotifyは、世界最大の音楽サービスを無料で利用できる点は譲れないですね。

AppleMusicとSpotify 比較まとめ

以上、7つの項目からApple MusicとSpotifyを比較をしてきました。

お互いにいいところ悪いところもあり、「自分にどちらが合っているのか」を知ることが利用するために重要なことです。

ここまで比較してきましたが、最後に一言

どの記事でも最後に言っていることなのですが、どちらの音楽サービスも有料版を無料で利用できるサービスがあります。

どんなに調べて情報を知ったところで、最終的には自分で使ってみないと自分に合っているかなんてわかりません。調べるだけ時間の無駄です。

「百聞は一見にしかず」ではないですが、自分の肌で感じてみてから比較することで自分に合ったものが使えると思っています。

無料で長期間、最高の音楽体験ができるのでぜひ活用してみてください!

Apple Musicは3か月無料体験
→ AppleMusic無料体験 公式サイト

Spotifyの無料体験
→ Spotifyの月額980円有料プランを3ヶ月100円で体験する手順

この記事のまとめ

いかがでしょうか?

この記事は、AppleMusicSpotifyの2つの音楽サービスを料金や曲数など基本的なところから、使いやすさやそれぞれの強みなど、実際に使ってわかったところを比較しました。

あなたに合った音楽サービスの見つけ方がこの記事でわかり、もう音楽を楽しむことにストレスを感じることはありませんね。

Apple Musicを詳しく【評価】AppleMusicを2年使ってわかったメリットとデメリット

Spotifyをもっと詳しく→【評価】Spotify歴1年でわかった「5つの使う価値」

スポンサーリンク
次はこちら



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする