【2022/10/13まで】通常1ヵ月が『3or4ヵ月』無料に!Amazon Music Unlimited

Apple Music

Apple Musicを学割で!対象学生・始め方・更新など徹底解説!

なべ

Apple Musicの学割の料金、対象学生とは?やり方も解説!


Apple Musicの学生プランって何ができるの?
Apple Musicは学割で安くなる?料金はいくらで使える?
学生にオススメの音楽アプリってApple Music?他の学割ありの音楽アプリと比べたい!

そんな思いを持っているあなたのために、

この記事では、『Apple Musicの学生プラン』についてご紹介していきます!

 

Apple Musicの学生プランは、一般的な個人プランを安く利用できる学生限定のプランになります。

  • どんな機能が使えて、どんな音楽が聴けるのか?
  • 学割が使える音楽アプリはApple Musicがいいのか?他にオススメはあるのか?
  • Apple Musicの学割プランの料金は安いのか?他との違いはあるのか?

Apple Musicの学生プランについて解説していきます!

 

学生プランの料金

Apple Musicの学生プランは、高校を卒業した学生が月額580円で使える学割適用のプランです。

月額580円で、 9,000万曲 以上の音楽をすべてをフルで再生でき、スマホにダウンロードしてオフライン再生が可能となっている。

 

国内の主要音楽聴き放題サービス7つの学生プランの料金を比較した表が以下です。

音楽アプリ学生プランの料金
Apple Music
Apple Music
月額580円
Spotify
Spotify
月額480円
Amazon Music
Amazon Prime Music
月額250円
Amazon Music
Amazon Music Unlimited
月額480円
LINE MUSIC
LINE MUSIC
月額480円
Youtube Music
Youtube Music
月額480円(Web/Android限定)
AWAAWA 月額480円

 

Apple Musicの学生プランの料金は、他の音楽アプリと比べても同じ料金です。

Amazon Prime Musicは、聞ける曲がApple Musicに比べて圧倒的に少ないので、料金が安くなっています。

Youtube Musicは、学生プランをiPhoneから始めることはできず、WEBから始めないといけない注意点があります。

 

なべ

どの音楽アプリも学割を用意していますが、1つだけ最大の注意点があります!

それが『対象の学生』です。次に見ていきましょう!

 

対象の学生

日本国内でApple Musicを利用する場合、以下の学生がApple Musicの対象になります。

  • 大学生
  • 大学院生
  • 短大生
  • 専門学生

中学生、高校生は、Apple Musicの学生プランの対象外になるため、個人プランやファミリープランで利用しないといけません。

 

Apple Musicを使いたいと考えている高校生は3つの選択肢があります!

👉 Apple Musicは高校生でも使えるが...3つの選択肢とは?

 

中学生や高校生でも学割が使える音楽聴き放題アプリは、次の記事で解説しています!

👉 学割あり音楽アプリ7つを比較!Apple MusicやSpotifyなど高校生どう?

 

中高生がApple Musicを安く使う方法

学生プラン対象外の中学生や高校生の人が、Apple Musicを安く使う方法は1つだけです。それが「ファミリープランを使う」ということ。

ファミリープランは、家族6人まで月額1,480円で使えるプランです。

家族2人で使えば、個人プラン(月額980円)より安い月額740円/一人あたり。3人で使えば学生プラン(月額480円)とほぼ同じ。

そして、これは学生の人だけでなく、大人にも言えることなので、家族でApple Musicのファミリープランを使うのが一番安くApple Musicを使う方法でもあります(人数が多ければ多いほどお得)。

ファミリープランを使う人数ファミリープランの1人あたりの料金
1人月額1,480円(個人プランは月額980円)
2人月額740円
3人月額493円
4人月額370円
5人月額296円
6人月額246円

 

家族でApple Musicのファミリープランに加入して、みんなで音楽を楽しもう!!

と家族に相談してみてください。

そして、支払いは、親アカウントがするので、説得ができれば自分は支払わなくてもいいかも?しれません。

 

Apple Musicのファミリープランについては、次の記事で解説しています。

説得のための情報収集、ファミリープランの登録方法、アカウントの共有方法など準備して、説得に行きましょう!応援しています!

👉 Apple Musicのファミリープランとは?初め方・共有方法など

 

iTunesカードを安く使用した方法の注意点

中高生の人がApple Musicを安く使うため、iTunesカードを売買サイトで安く購入して登録する、という方法もあったりします。

なべ

しかし、私はおすすめしません。やめたほうがいいです。

理由は、売買サイトにあり、公式のギフトカードを安く購入できるのではなく、個人が出品したギフトカードを購入するからです。

そのため、詐欺にあったり、規約違反でギフトカードが使えなかったりというリスクがあるので、絶対にやめたほうがいいです。

「自己責任でお願いします」ではなく、やめたほうがいいです。

もちろん、Apple公式から購入できるのであれば問題ないのですが、その場合安くなることはありません。

 

それでも、リスクがあっても安くiTunesカードを手に入れたい

という人は、収入を増やしましょう(すみません)。

 

学生プランの支払い方法

Apple Musicの学生プランで利用できる支払い方法は、以下の5つです。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • スマホ決済
  • ギフトカード

 

学生さんが最も支払いやすいのは、スマホ決済でしょう。

スマホの料金と一緒にApple Musicの学生プランの料金を支払うことができるので、金額の管理がしやすく、クレジットカードが必要ないのがとても便利です!その際は、保護者の方との相談で支払いを設定するように。

設定方法は、Apple Musicを登録する際に選択が可能です。

 

iTunesギフトカードをコンビニや家電量販店で購入してApple Musicの学生プランの支払いに充てることも可能です。

しかし、Apple Musicの学生プランで利用できる初回無料体験は、iTunesギフトカードは利用できないので注意してください。

 

Apple Musicの無料体験を利用したいのであれば、以下の手順がおすすめです。

  1. スマホ決済などでApple Musicを無料体験
  2. 無料期間が過ぎる前にApple Musicを解約
  3. iTunesギフトカード購入
  4. iTunesギフトカードをApple IDに登録して、Apple Musicを始める。

👉 Appleギフトカードの使い方!Apple Musicなどサブスクにも利用可!

 

学生プランを始める方法

Apple Musicを学生プランで始めるには、以下の6ステップで無料体験が始められます。

  1. Apple Musicの公式サイトにアクセス
  2. 学生プランを選択
  3. 学生であることを証明する
  4. Apple IDでログイン
  5. 支払い方法を選択
  6. Apple Musicの学生プランの無料体験開始

 

それぞれのステップを解説していきます。

 

step
1
Apple Musicの公式サイトにアクセス

まずはじめに、Apple Musicの公式サイトにアクセスします。

👉 Apple Music公式サイト

 

無料でおすすめNo.1のApple Musicを使う

 

step
2
学生プランを選択

次に、Apple Musicの初回無料体験の案内を選択して、Apple Musicのプラン選択画面で「学生」を選択します。

 

step
3
学生であることを証明する

次に、現在通っている学校の名前を入力すると、学校のリストが出てくるので選択をして「続ける」をタップします。

Apple Musicの学生プランを始める手順
通っている学校を入力する

もしも、通っている学校を入力してもリストに出てこない場合、「在学中の教育機関が見つからない方」から学校を指定することができます。

日本以外の学校に在学している方は、「日本以外で就学していますか?」をタップして、通っている学校の国を選択して、学校名を入力して進めてください。

 

次に、学校で利用している自分の学校用のメールアドレスを入力してください。

メールを入力したら「メールを送信する」を選択してください。

Apple Musicの学生プランを始める手順
学校のメアドを入力する

 

step
4
Apple IDでログイン

学校用のメアドに送られてきたメールを確認して、URLにアクセスしてください。

ここからはApple Musicの設定になります。

まずは、Apple IDでログインをします。

 

step
5
支払い方法を選択

次に、Apple Musicの学生プランで使用する支払い方法を選択してください。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • スマホ決済
  • iTunesカード

以上の5つの支払い方法を学生プランで利用できますが、iTunesカードでは無料体験は利用できませんので注意してください。

 

step
6
Apple Musicの学生プランの無料体験開始

すべての設定が完了して、Apple Musicの画面が表示されたら学生プランでの始めることができました。

 

以下の手順で、本当に学生プランで始められているか確認してください。無料体験がいつ終了するかもチェックできます。

iPhone:「ミュージックのアプリ起動」→「画面下の『今すぐ聴く』」→「画面右上の自分のアイコン」→「サブスクリプションの管理」→「学生にチェックが入っていればOK」

Android:「Apple Musicのアプリ起動」→「画面右上の縦に並んだ『・・・』」→「アカウント」→「サブスクリプションの管理」→「学生にチェックが入っていればOK」

 

Apple Musicを始めることができたら、後は使い方をマスターしていきましょう!

Apple Musicの使い方!初心者から上級者向けまで

 

学生プランが使える機能

Apple Musicの学生プランができることは、個人プランと大差なく、すべてのApple Musicの機能が使えます。

  • すべての曲をフル再生
  • ミュージックビデオの再生
  • 曲をスマホにダウンロード
  • オフライン再生
  • シャッフル再生
  • リピート再生
  • プレイリストの作成
  • 歌詞の表示
  • ラジオの視聴
  • ランキングなど音楽を探す、検索する

 

Apple Musicのできること、使い方は次の記事ですべて解説しています!

👉 Apple Musicの使い方!初心者から上級者向けまで

 

学生プランはいつまで?

Apple Musicの学生プランは、最長で48ヶ月間(4年間)の利用期限があります。

大学入学と同時にApple Musicの学生プランを使い、卒業して就職と同時に個人プランに変更するようなイメージでしょうか。

大学4年間でApple Musicの学生プランを使った場合、その以降(大学院生や新たに専門学校に行くなど)は学生プランが使えないので注意しましょう。

その際は、個人プランまたはファミリープランでApple Musicを利用することとなります。

 

学生プランに更新は必要?

Apple Musicの学生プランは、1年ごとに学生である照明をする更新が必要です。

確認方法は、利用したときと同じ方法なので更新自体はすぐに完了します。

 

まとめ

Apple Musicの学生プランは、高校を卒業した学生の方が利用できる学割プランです。

月額580円と個人プランの約半額でApple Musicが利用できるので、とてもお得なプランですが、その他の音楽アプリと料金を比べても差はありません。

なので、他の音楽アプリとApple Musicを比較して検討することも必要でしょう。

この記事では、『Apple Musicの学生プラン』について解説しました!

 

Apple Musicと他の音楽アプリを比較したいなら、次の記事がオススメです!

👉 SpotifyとApple Musicの比較!オススメはどっち?

👉 Apple Music vs Amazon Music!5つの違いは?

👉 Apple MusicとLINE MUSICを比較!5つの違いとは?

 

Apple Music

カテゴリー - Apple Music


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なべ

はじめまして、運営者のなべです!音楽サブスク、動画サブスク、スマートホーム、洋楽、洋画、海外ドラマが大好きな20代後半、当サイトの運営者。実物主義でありのままをわかりやすい表現でお伝えするのをモットーに運営していきます!
運営サイト:動画サブスクや映画情報を発信するVODZOO、スマートホームやガジェットを発信するSMARTIZOO
なべのSpotifyプレイリスト なべのApple Musicプレイリスト